「本当の私とは何か」を教えた仏教

私の血筋、私の肩書き、私の名声、私の彼氏、と私の付属物の価値を誇っても、
それはいつまでもあるものではない。
借り物だ。

私自身は何者か?
私の、そのままの姿の価値はどこにあるのだろう?

昔の不良映画の一場面

仇役が言う

主人公が答える

仇役、顔面硬直。

あなたはどうでしょう。
「あんた、誰だ」の問いを前に、きちんと向き合って答えられるでしょうか。

2分で読める♪心が明るくなる仏教ブログ